VAPEはランニングコストが抑えられる

タバコを吸うときのコストとしては、まずはタバコを購入します。一般的なものは一箱400円程度でしょうか。どれ位すうかは人によって異なりますが、1日1箱、2日に1箱ぐらいの人が多いようです。2日1箱なら1箇月で6千円になります。常に必要なものとしてはライターがあります。こちらはそれほどお金がかかるわけではありません。毎月6千円から1万円ぐらい必要になります。VAPEに関しては、最初にすうためのキット、道具が必要になります。これは少し高いです。1万円程度になります。でもこれを購入してしまえば後はリキッドを追加するだけです。リキッドに関してはタバコのように税金がかけられているわけではないのでそれほど高くありません。タバコをVAPEにそのまま移行したとすると、数箇月で元が取れ、後はどんどんお金がたまるようになります。

VAPEの本体は一生使えるか

一度購入すると一生使えるものもあれば、定期的に変更、交換しないといけないものもあります。電気で動くものに関しては基本的にはそれなりに寿命があると考えたほうがいいでしょう。さらにバッテリーが必要になるとき、バッテリーは何度も充電は出来ますがずっと同じように充電出来るわけではありません。少しずつ充電の能力が衰えてくるので使えなくなってくるとされています。VAPEに関しては、本体は一生使うことが出来るかです。部品としては、バッテリー、アトマイザーなどがあります。バッテリーは充電をするところですから一生使うことはできそうにありません。また、リキッドを入れる部分についても汚れたりします。戦場をきちんとすることでそれなりにはもたせることが出来ますが一定期間後に汚れるとされます。定期的に交換をする部品も必要になります。

VAPEはタバコと似た煙の感覚がある

タバコのよさについてはタバコを吸っている人にしかわからないでしょう。もちろんタバコを嫌がる気持ちも嫌な人にしかわからないことがあります。タバコのいいところの一つとしては、煙がのどを通って肺のほうに入っていく時の感覚があります。ただ香りを好む人は煙を口に含ませるだけでも楽しめますが、煙をしっかりと吸い込む人は煙の通り具合が気になることがあります。このような感覚を好みます。VAPEはタバコとの違いとしては煙を吸うわけではありません。水蒸気を吸う事になります。見た目は同じ煙ですが、非常に細かくなっているので、とても水蒸気のようには見えません。でもこれが喉の方に入っていく感覚がタバコの煙によく似ています。そのことからタバコを吸う感覚を味わえます。のどに通る感覚を好む人は、タバコでなくてもVAPEでもそれなりに同じように楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*