VAPEを未成年に販売しない理由

タバコが未成年に良くない理由としては、成長を止めてしまうことがあげられます。そのほか吸う習慣がついてしまうとお金がかかるようになりますし、大人が吸っていいとは言っても決して体にいいものではありません。全員禁止まではしないけども大人と子供であれば子供には禁止をしようとのことでしょう。タバコがいけないならと別のものからタバコに興味をもつことがあるかもしれません。VAPEは禁煙をする人が使うことがあります。タバコを吸っていた人が少しずつ減らそうとするために使うようです。一方で特に年齢制限がないことから未成年が興味を持つことがあります。あまり制限がないとどんどん利用してしまう恐れがあります。そのことから、販売者によって制限をする事があります。タバコへの導入にしないようにすることから販売規制をしているようです。

VAPEは正式に禁止をしているところがある

鉄道の駅構内などでは全面的に禁煙になっていることが多いです。一部の長距離鉄道の社内に喫煙場所を設けるなどのことをしていますが、それ以外での喫煙はできないようになっています。ただホームなどでは喫煙者が見られることがあり、厳しく禁止をしていない所も無きにしも非ずです。禁止をするならはっきりと禁止としておいてくれたほうが分かりやすくなるでしょう。VAPEに関しては吸っている本人の健康被害についてはわからないところが多いとされます。では周りの副流煙はどうかですがこちらも健康被害はないとされています。でも利用場所としては通常のところでは吸わないほうがいいとされています。一部の鉄道会社ではタバコと一緒にVAPEにおいても吸わないようにとはっきりと示してくれていますからそれについては分かりやすいようになっています。

VAPEは火を使わないので安全

火事の原因としてタバコがあげられることがあります。寝ながらタバコを吸う人がいたりしますが、あまりよくないでしょう。さらにポイ捨てもあります。火がついたまま転がっているのを見ると不安に感じることもあります。タバコがなくなれば日本においても火事がかなり減るのでしょうが、今のところは大幅にタバコを吸う人の人口が減っているわけではなさそうです。VAPEに移行することでもしかすると火事の方も少なくなくなるかもしれません。VAPEの特徴としては、火を使いません。電気を使ってリキッドを熱しますが火がつくほどに熱するわけではありません。後はその水蒸気を吸うことになります。ですから安全な器具になります。多くの人がタバコからこちらに変更をすれば、それなりに火の危険性がなくなっていきそうです。ライターなども必要なくなります。子供にライターを触られません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*